+62-(0)21−574−2155

(日本語)受付時間
[現地時間] 8:30~17:30

駐在生活情報

2018年03月01日 基本情報

インドネシアの言語事情

概要

1. インドネシアの使用言語について

2. インドネシアの使用言語の特徴

3. インドネシアでよく使う言葉・日本人の現地語習得状況

1. インドネシアの使用言語について

ジャカルタ都心部や観光地のホテル、レストランといった場所では英語が通じます。また、ビジネスの場でも、外国資本の企業内では英語が広く使用されています。

インドネシアには300の民族がおり、700の言語が存在しますが、代表的な現地語としてはバリ語、ジャワ語、スンダ語などの方言があげられます。公用語であるインドネシア語は、首都ジャカルタなど、中部で話されており、全土で通じます。地方にいかれる方はインドネシア語か地方言語しか通じないことが多く、現地語が出来ないことは死活問題になりうる為、ある程度は言語を習得して現地入りすることが必要となります。

ジャカルタ中心部で生活をする場合、日常会話程度の英語を話すことが出来れば、生活に困ることはほとんどありません。ただし、ローカルな屋台や食堂、タクシー等に乗車する際は英語が全く通じないため、生活に関するインドネシア語は覚えておいた方が良いでしょう。

インドネシアでは、小学校6年間・中学校3年間の義務教育と、高校3年間と大学4年間という、ほぼ日本と同じ期間で英語を学びます。大卒の人の英語力は、日本人に比べるとレベルがかなり高く、一般的に大卒で企業に勤めるインドネシア人であれば、ある程度の英語を話すことができます。

国際交流基金が実施した2015年度日本語教育機関調査によると、インドネシアの日本語学習者数は74万人を超えており、世界基準で見ても多い国とされています。日常生活を送るなかで日本語ができるインドネシア人に遭遇する場面は少ないですが、観光地であるバリ島には、観光業や商品の説明等の関係で、日本語会話能力を身につける人が多くいます。インドネシアの高校では、第二外国語教育があることが一般的で、日本語は人気を集めています。高校まで教育を受けたインドネシア人は、簡単な日本語を知っているケースが多く、中にはひらがな、カタカナを書ける人もいます。

2. インドネシアの使用言語の特徴

インドネシアで使用されている各言語には下記のような特徴・注意点があります。

インドネシア語の語順は英語に近く、一般的に主語+動詞+目的語の形となります。例外もありますが、英語の文法と大体同じなので、英文法が分かる場合はたいして難しくありません。インドネシア語には英語のbe動詞にあたるものがないので、それを省略したものがインドネシア語の文法ということになります。インドネシア語の時制は時間によって変化しません。時間の単語(例:昨日’Kemarin’)を文に入れると動詞は同じでも過去形の意味になります。

3. インドネシアでよく使う言葉・日本人の現地語習得状況

■日常会話で頻繁に使用する言葉

日常の買い物等で頻繁に使用するため、数の数え方は早い段階で覚えておくのが好ましいです。

レストランを訪ねる際に、「mbak (ンバッ/お姉さん)」あるいは「mas (マス/お兄さん)」で店員を呼び、お会計を求める際に「bill」を覚えて使用すると対応がスムーズになります。

タクシー等のドライバーと話す場合は、前述の通り、英語が通じないケースが多い為、行き先の指示や道順の説明をインドネシア語で出来るようにしておくと便利です。また、Go Car、Grab、Uber といったタクシー配車アプリを使用すれば、インドネシア語が出来なくても目的地に到着できるので便利です。

■日本人の現地語習得状況

駐在員がインドネシア語を習得する際は家庭教師を呼ぶ、あるいは会社側で先生を手配し、会社で授業を行うケースが多く見られます。レッスンは日本の塾よりもはるかに安く受講でき、相場として、1時間半でRp200.000~Rp400.000程度が一般的です。

日常でよく使われる語彙と発音は教科書に書いてあるものと随分違うため、日常会話をマスターしたい場合は現地の人と頻繁にコミュニケーションを取り、会話内で発音や語彙を習得することをおすすめします。

英語でのアルファベットの読み方とは違い、インドネシアではL=アール R=エル E=エの口でウ のように発音がインドネシア特有のものとなる為、同じアルファベットを使用していても読み方には注意が必要です。

 

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+62-(0)21−574−2155

(日本語)受付時間[現地時間] 8:30~17:30

Leopalace21インドネシアでは日本人のお客様を中心にジャカルタで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらインドネシア人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。