+62-(0)21−574−2155

(日本語)受付時間
[現地時間] 8:30~17:30

駐在生活情報

2018年03月16日 日常生活

インドネシアの習いごと事情

概要

1.    インドネシアの習い事

2. インドネシアにおける日本人駐在員・駐在妻に人気の習い事

3. インドネシアにおける日本人の子どもたちの習い事

1.   インドネシアの習い事

■インドネシアの大人向け習い事

・急速な経済成長による中間層および富裕層の増加により、余暇の充実にお金をかける余裕のある人が近年増えており、都市部で急増しているキャリア女性たちは、「自分磨き」のための投資を惜しまなくなっています。

・健康志向の高まりにより、フィットネス系の習い事の人気が高まっています。フィットネスジムは、ショッピングモール内に設置された高級フィットネスジムから街角の庶民派ジムまでさまざまな規模のものがあります。

・インドネシアは人口の約90%がイスラム教徒のため、教義により髪や肌、身体のラインを隠す必要のあるムスリムの女性にとって、近年増加しているムスリマ(イスラム教の女性)専用フィットネスジムが強い味方となっています。

・学校にはプールが設置されていることが少ないため水泳を習ったことがなく、大人のための水泳教室の人気が高くなっています。こちらもムスリマ専用の教室が多く開講しており盛況です。

・コーランの朗読教室も、改めて学びなおしたい中高年に人気があります。

■インドネシアの子ども向け習い事

・人口における若年層の比率が高く、所得水準の上昇や都市部を中心とした1世帯における子どもの数の減少を背景に、教育熱が高まっています。英語で授業を行うインターナショナル校に通わせる富裕層が増加し、塾、習い事を含めた教育市場が急速に拡大しています。

・楽器などの設備や専門教員の不足などで学校での音楽教育が充分でないこともあり、ピアノ、バイオリン、ドラム、ギター、声楽などの音楽教室に通う子どもが増えています。以前は、裕福な華人が生徒の大半でしたが、現在では所得水準の上昇により、プリブミ(先住のマレー系インドネシア人)の生徒の増加が顕著になっています。

・学校での運動機会や屋外でスポーツができる場所が限られているインドネシアでは、子どもに体を動かす習い事をさせたいと願う親が多くいます。そのため、ショッピングモール等に入っている子ども用スポーツジムの人気が高く、講師の指導を受けながら、体操、バスケットボール、バレエ、チアリーディング、ヨガ、フットサル、水泳など、さまざまな運動をすることができるようになっています。

2. インドネシアにおける日本人駐在員・駐在妻に人気の習い事

■日本人駐在員の習い事

・仕事上の必要性から、また職場や商談での使用言語が英語の場合も日常生活をスムーズにするためという理由から、インドネシア語レッスンを受講する駐在員が多いですが、渋滞が激しいインドネシアでは、仕事帰りにスクールに通うのが難しい場合があり、会社や自宅で出張レッスンを受けたり、週末にスクールに通うことが多いです。

・ジャカルタには英会話スクールも多く存在し、海外駐在を機に始めた、あるいはビジネス英会話能力の更なるブラッシュアップを目指したい等、さまざまな目的を持った駐在員が学んでいます。大手のスクールも、日本に比べかなりの安価で学ぶことができるのが魅力となります。

・以前はゴルフが人気でしたが、近年は娯楽の増加とプレイフィーの高騰により、ゴルフ人気は落ち着いてきています。

■日本人駐在妻の習い事

・インドネシアでは、メイドを雇っている駐在員家庭がほとんどであるため、家事や

育児の負担が少なくて済み、時間に余裕が持てるため、習い事をする駐在妻が多くなっています。

・多くの駐在妻がまず手始めに習うのがインドネシア語です。

インドネシアでは普段の生活の中で英語を使うことが少なく、運転手やメイド、買い物での会話はインドネシア語がメインになるため、ある程度の日常会話はマスターした方がスムーズに生活できる事と、友達作りのため、定期的にインドネシア語教室に通い、授業後にお茶やランチを楽しむ駐在妻が多いです。

・英会話スクールも人気があります。

子どもをインターナショナルスクールに通わせる場合は保護者の英語力も不可欠であるため、周囲の環境に触発され英会話を習い始める駐在妻もいます。

3. インドネシアにおける日本人駐在員の子どもの習い事

・日系企業が相次いで進出し、駐在員が増加したことにより、日本人の子どもに特化した習い事が数多く存在しています。

・ジャカルタの幼稚園やプレスクールには、バレエ、テコンドー、ダンス、英会話、クッキング、アート等、アフタースクールカリキュラムが充実しており、園外の子どもを受け入れているところもあります。

・インドネシアでの通学手段は、ほとんどの家庭がスクールバスや自家用車などの車交通を利用しています。

それに加え、気候や治安等の理由により、自由に屋外で遊ぶことが難しいジャカルタでは、運動不足を懸念し、子どもにスポーツ系の習い事をさせる家庭が多くなっています。

・モールに入っている子ども向けのジムは、インドネシア人の子どもだけでなく、日本人の子どもにも人気があります。

モール内というアクセスのしやすい場所で、清潔な設備で複数の習い事をすることができ、それぞれ専門の講師陣から指導を受けられるのが魅力です。

・インドネシアには、日系の学習塾が多く進出しています。

公文やサカモト式等は主にインドネシア人を対象としています。日本人の子どもを対象とした日系の塾もジャカルタには多く存在しています。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+62-(0)21−574−2155

(日本語)受付時間[現地時間] 8:30~17:30

Leopalace21インドネシアでは日本人のお客様を中心にジャカルタで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらインドネシア人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。