+62-(0)21−574−2155

(日本語)受付時間
[現地時間] 8:30~17:30

駐在生活情報

2016年10月27日 ビザ・渡航

インドネシアにおけるビザの取得方法について

ビザの申請書類

要点

1. 申請・取得の基本パターン
日本でビザを取得した後に赴任先で許認可(滞在許可等)を取得
2. 主な駐在用のビザ
就労目的の一時居住ビザ

1.主な駐在用のビザ

就労目的の一時居住ビザ
就労目的の一時居住ビザ「滞在許可」と「就労許可」を取得する必要があります。滞在許可にはいくつか種類がありますが、外国人駐在者がまず取得する必要があるビザは、「就労目的の一時居住ビザ(インデックス番号312)」です。
インドネシア入国後に長期間滞在される方は、入国管理官がパスポート上に指定した入国管理事務所において、到着の日から7日以内に外国人登録(POA)を行い滞在許可(ITAS/ITAP)を取得する必要があります。滞在許可を取得すると、「滞在許可証」(KITAS/KITAP)が発給されます。また,ジャカルタ特別州内に90日以上滞在する場合には外国人来訪者身分証(KIP)を、スラバヤ市に長期滞在する場合には滞在許可証(KITAS)発行日より14労働日以内に居住証明書(SKTT)を取得する必要があります。

2.申請・取得の基本パターン

日本でビザを取得した後に赴任先で許認可(滞在許可等)を取得
「1.外国人従業員雇用計画書を労働移住省に提出」→「2.労働移住省による推薦状(TA-01)の発行申請」→「3.一時滞在ビザ(ビザ発給許可通知書:VTT)の申請」→「4.就労ビザ(312)の取得」という順番になります。

■本人の就労ビザの申請
申請に必要なもの
–本人のパスポート(本人データ面・査証データ欄全ページ)のカラーコピー
*VTT申請に際し、インドネシア到着時の残存期間18ヵ月が必要となります。
–ビザを取得する本人の英文履歴書
–ビザを取得する本人の英文職務経歴書
–卒業証明書のコピー(英文訳添付・専門学校以上)
–証明写真(カラー) 4cm×3cm=1枚(背景を赤・襟付き着用で撮影)

ビザ取得、航空券手配の手配はこちら

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+62-(0)21−574−2155

(日本語)受付時間[現地時間] 8:30~17:30

Leopalace21インドネシアでは日本人のお客様を中心にジャカルタで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらインドネシア人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。